--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スライドバー色々

2008年07月24日 22:56

暑い日々が続きますね。

マディ・ウォーターさんの「ハード・アゲイン」を聴きながら書いております。
泥水氏の作品は晩年のスタジオ盤しか持っていませんが、
かなり気に入っております。ハードなサウンドと、程よい疾走感。
スタジオ盤といいつつ実質ライヴ録音なのもうれしい。
曲が終わるたびに「That's it!」連発してるし(ジョニー・ウィンターっぽい)。



この復刻盤は、当時のリズムギターを務めていたボブ・マーゴリンのライナーがそれぞれに
収録されているんですが、これがまた中々に感動的です。
どこがサニー・ランドレスなんや、という感じですが。
今日はスライドバーに注目してみたいと思います。

僕はダンロップのガラスバーを使っています。
最初に使っていたのは鉄製でしたが、いかんせん重い。
小指にはめるには厳しかったです。その点、ガラスは軽くて良いです。

気に入ってるならそのまま使い続ければいいのですが、
ダンロップのサイトを見てしまったのが運の尽き。

スライド好きの方は、眺めてるだけでも結構楽しめると思いますが、
いかがでしょう?ケブ・モ、ジョー・ペリーのスライド・バーも良いですが
ポーセリン製のバーやセラミックのシリーズにも非常に興味をそそられます。

僕が今回注文した(してしまった・・・結構高くついたんで・・・)モデルをいくつか紹介します。

glass_moonshine.jpg
外側がガラス、内側がセラミックのMoonShineGlassSlidesモデル。
指の汗を吸い、より良いフィット感が得られるとか。

the Glass Moonshine Slide provides the warm and detailed top end of glass but with greater control due to the treated interior.
ガラスの特徴は暖かみのある、はっきりした高域ってことですかな?

moonshine.jpg
MoonShineCeramicSlidesモデル
Ceramic slides give a rich, full resonating tone.
日本のスライドマスター、松浦さんもセラミックのスライドバーは気に入っているらしいです(教則DVDより)。
ただあまり売ってるのをみかけないとか。resonating toneとはどんな感じなんでしょうね。見た目もカラフルで楽しいバーです。

mudslide.jpg
MudSlidePorcelainSlidesモデル
こちらはポーセリン製。磁器だそうです。
The added density of Porcelain provides a bright tone.
ブライト。これは分かりやすい説明かな。

joeperry.jpg
ジョーペリーシグネイチャー。
これは結構前からサウンドハウスで見てたモデルです。
this porcelain slide sounds soulful and bluesy, whether on an acoustic on your front porch or on a screaming electric in a packed stadium
まあ、他のセラミック系バーとどれ程違うかは、疑ってかかってますけどね(^^;
これは長さが70mmあるところにも惹かれました。一度に6弦全部カバーできるバーが
好みなので。

kebmo.jpg
今度はケブモシグネイチャー。
説明は「リッチなサウンドだ!・・・ソウルフル!」とか最早あまり他と違いはないです(爆)。

うーん、こうして見ると、結構買ってしまったな。。
ズバリチョイスの基準は見た目のカッコよさです。
まあブラスや鉄は重そうなんで、最初からあえて外しています。
これでセラミックが重かったらどうすんべ。。。

さて、これらは全てサウンドハウスに打診したら取り扱ってくれました。
個人情報流出事故とかありましたが、やっぱり便利なお店です。助かってます。




コメント

  1. JAKE(じゃけ) | URL | z8Ev11P6

    マディー・ウォーターズ

    私、マディー大好きです!

    ブルーズメンで一番好きかも。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。