--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sonny Landreth 『From the reach』

2008年05月26日 10:25

サニー・ランドレスの新譜を購入しました。

サニー・ランドレスの演奏をきちんと聴き始めたのは比較的最近ですが、
とんでもなく素晴らしいスライドプレイヤーです。
本作はエリック・ジョンソン、ロベン・フォード、マーク・ノップラーにヴィンス・ギル
そしてクラプトンとギタリストのゲストが多数参加。

ゲストとの演奏の応酬はもちろん素晴らしいのですが、サニーさんが
個々のゲストを想定して書いたという曲が非常に良い!ので、ゲストが単なる
ゲストに終わっていない印象を受けます。結果、非常にバラエティに富んだ内容に
なっています。

個人的にはエリック・ジョンソンとの共演曲「The Milky Way Home」が印象的でした。
大きく分けて2種類あるコード進行を交代しながら演奏を取っていくのですが、これが
共演!って感じで、凄く有機的というか自然な感じがします。
スライドでもバシバシ速いフレーズを決めておりますサニーさん。

他に楽しいのは、ボーカルを交互に取ってる箇所かな。
2コーラス目はロベンが歌ってるぞ?なんてハッとするのが楽しいです。
それにしてもヴィンス・ギル、歌が上手い!


From the ReachFrom the Reach
(2008/05/20)
Sonny Landreth

商品詳細を見る






コメント

  1. blues335td | URL | -

    多分

    クロスロード・ギター・フェスティバルのDVDでクラプトンとも共演していたスライド・プレイヤーですよね。
    名前は知りませんでしたが
    DVDで見たときに、すごいなぁと思っていました。

    スライドプレイは独特な表現力ですよね。
    (到底真似はできないプレイです。)

  2. さとぅ | URL | -

    共演というと・・・Hell at Homeでしたっけ?

    クロスロードフェス!
    悲しい事に、日本版DVDではサニーの曲が1曲削られてます(何でやね~ん!)。
    それくらい、知名度が低いギタリストですが、すんばらしいです。

    このCDではクラプトンも2曲客演していますが、かなり良いプレイだと感じました。
    音色が個性的だと感じましたし、ベンドが強烈なんだなあ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。