--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Schreyeraudio, Sage14

2008年05月05日 08:21

ふとしたきっかけで再び5E3型アンプに興味が湧いております。
M4RD_RIG62.jpg
なんのこっちゃない、例のマーク・フォードが最近使っているアンプが5e3だったというのが
きっかけです。5E3デラックスタイプは、2年弱前に、テレキャスを抱えて楽器屋巡りをして
4台ほど試したことがあります。

その時は
Victoria、Kendrick、Bruno、Piersonを試しましたが、
期待したほど好きな音はしませんでした。相当にラウドでして。
リイシューのデラリバの方が好きなクリーンサウンドが出せました。
ちなみに、上記4つのブランドの中では、しかしPiersonが一番好みでした。
キャビが軽い!そして出音が残り3つよりも気持ち繊細。

予想外に好みだったのがDr.Zで、それでCarmenGhiaを買っちゃったんでした。

先日発見したマークさんのYoutube極太サウンドで、彼が使っていたペダルは
アナログマンのFuzzFaceクローンでしたが、アンプは5E3クローンだったのです。
それを作っているのがschreyeraudioというメーカーです。モデル名はSage14、
賢人、とか哲人という意味だそうで。

Fuzzもそうですが、5E3も弾く前に予備知識がいる機材のような気がします。
というのは僕は5E3の2ボリュームが連動しているって知りませんでしたから。
両方のボリュームを上げていくといい感じにドライヴするようです。

Sage14_1.jpg


お値段1390ドルというのは、うーん、比較的リーズナブルな気がします(安くはない、決して)。
グラウンドスイッチの代わりにスタンバイが用意されている所もモダンでいいです。
メールして問い合わせてみた所、日本から直接購入することもできる模様。
日本式の100Vで作る場合は、前金制で4週間時間をくれ、とのこと。
「発送方法をどうしたらいいか、ちょっと考えてます」と言ってましたが。
しかし肝心の重量の問い合わせに返事がないんだな。スタジオに持ち出す気に
なれるか否か?が出音並に大問題な訳であります。

しかし、アンプは見てるだけで楽しいっす。


コメント

  1. JAKE(じゃけ) | URL | 27Yb112I

    いつかは・・

    作ってみたいですね~(笑

    これならできるかも・・

    http://tweedamp.fc2web.com/tube_sound/5f1/5f1_kit.html

  2. JAKEさんならデラックスも作れるでしょう~!
    champは、いくつか試し弾きしましたが、音に今一惹かれなかったもので、
    あえて作るなら10インチとか、12インチとかでやってみたいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。