--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ted Greeneの教則本

2008年01月02日 19:54

性格というか体質というか、
人に教わるのが好きな人、嫌いな人
ってのがいると思います。僕は前者です。習い事好きな方っぽいす。

そんな自分は教則本、教則ビデオの類も好きで割りと買います。
このカテゴリー「教則本」では、そういう類のものを扱ってみようと
思います。続けばね。
僕が最近買った教則本はというと、Ted Greene氏の『Chord Chemistry』であります。


この本、pp.17-54までがセクション8:「最重要コードessential chord」のチャートなんですが、
テッドさん曰く「まずはこれらのコードを徐々に、シンプルな要素から順番にテンションを加えつつ、
覚えていきましょう」ちゅうことです。ですが
無理でしょう。

tedさん

こんなんが約40ページ位あるんです。
本人も「ここのコードの数はかなり馬鹿げてるよねえ」とは書いてますが。
こいつらをある程度習得したら、セクション11に行っていいみたいなんですが
僕はちんたらやってるんで、当分いけそうにありません。化学反応皆無。
勿論、こんな図面ばかりの本ではないです。

でも、この本は良い本だと個人的には思っています。
どこが良いかっちゅうと、トライアドを指板上で把握する一助になってる気がする
からです。教則で有名なトモ藤田さんやら、敬愛するロッベン・フォード氏も
「トライアドには無限の可能性があるよねえ」的なことをのたまっておられるわけで、
個人的にはトライアドの感じられる演奏が出来るようになりたいのですね。
それって結局、単音なのにハーモニーが感じられる演奏、というのと同義かな?
そうなるとビバップになりますかね。いずれにせよ、今年はブルースをベースに
トライアドとハーモニーを追究しよう、と今思い立ちました。てっ適当だあ。
本当はスティーヴ・カーンの教則本について書こうと思っていたんですが。。

ちなみにテッドさんは『Modern Chord Progression』という本も出しています。
タイトルから察するに、「どこで、どのコードを使うか」について語られていると期待
するのですが。米アマゾンのレビューでは「コードケミストリの素晴らしい補完書」とか
書いてあるので、とりあえず注文しておきました。



コメント

  1. blues335td | URL | -

    謹賀新年

    今年もどうぞよろしく。
    すごい専門てきコード教則本ですねぇ!さとぅさん、すごいです!

    レッスンでコードも少し教えてもらってはいるんですが、理論がからきし駄目なので
    その場限りで終わっています。
    習い事は好きなほうなんですが、どうも上っ面だけみたいです。

  2. さとぅ | URL | NLArNQfI

    あけましておめでとうございます

    今年も宜しくお願いします。ありがとうございます。

    僕もこの本、まだ表面を撫でた程度です。
    分かったような気になるのに、あと数年かかるかと(^^;
    blues335td氏は何よりサウンドと演奏が素晴らしいではないですか。
    理論も良いものですが、本人が気持ちよく弾けるのが一番だと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://twangme.blog119.fc2.com/tb.php/30-30cd3fcc
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。