--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何たる見落とし:Fender Baja Telecaster

2007年11月24日 17:56

ヘイユー。ユーチューブ。
ワタクシ、基本的にパソコンの前に張り付いて原稿を書き続けている
というのが近況ですが、まあ物凄く集中力が低いのです。
ひどい時はYoutubeをひたすら観続けたりしています。
昨日はSteve Vaiの”Tender Surrender”をハシゴしてしまいました。
マジ悪魔の箱ですねパソコン。

そんな今日もtubeしておりました。今回の目的は・・・
アンプの出音を事前チェックしようというものです。
次に買うならDr.Zのカルマン・ギアだ、と一応去年の今頃
アンプを試して周って心に決めたんですが、ギターは魔性の女・・・
常に物欲にさらされる下層階級の明日はどっちだ。という訳です。

で、出音が気になっていたモデルは
OrangeのTiny Terrorというモデルです。売価大体5万円の
7W/15W切り替えアンプヘッドです。
正直、デザインは惹かれないし安過ぎるので懸念があるんですが
約6キロというコンパクトさはかなり魅力です。
・・・音が気に入ればね・・・

こういうときはYoutubeでまずは下調べだっとばかりに調べますと
さすが色々出てきます。

PRSとメサブギーのキャビでかなり良いサウンド出してる映像

これ良い音ですねえ。
でも自分はテレキャスがメインだから、テレで試している人はいないか?
と探してみますと、おおこれもいますよ。凄い時代です。それが、これ
やたらfuckを繰り返す兄ちゃんですが、かなり丁寧にレビューしてくれてます。
ていうかね、この映像実際に見ていただくと分かるんですが、
レビューの主役はOrangeじゃなくて
「俺がゲットしたばかりのFender Baja Telecaster!」
なんですね。かなり念入りな紹介です。
で、これ・・・かなりカッコ良くないか?
Bajaでーす

何より気になったのは
こんなモデル日本で見たこと無いぞ
という点です。

ギターマガジンは毎月見てるけどなあ。。調べてみますと・・・
ありましたorz

この山野の画像はしかし、あんまり良くないですね。
ブロンドカラーの質感がうそ臭いです。
でも、アメリカのサイトでみてみますと・・・

やはりかなり良いのではないか?
写真って凄いですねえ。こうなりゃ現物を確認したいなー。しかし日本で買うと12万。
現地で買うと9万。まあ妥当か。Fender不信な自分ですが、このモデル中々コストパフォーマンスが
良いモデルに見えます。ネックはひとまずVだし、クリス・フレミングが監修したという事の
価値は自分には判断できませんが、PUに対するモダンな工夫は大変良い。
一応グロスだという塗装の質感さえ気に入れば、買ってからピックガードにクリアラッカーを
自分で吹いてかなり良い雰囲気の53年テリーもどきが作れそう。

しかし、mixiでテレキャスのコミュにも入っているが、誰も触れないなー。
ブロンドは日本では人気無いのですかね。僕も昔は嫌いでしたが。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://twangme.blog119.fc2.com/tb.php/26-701a2dd8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。