--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大荒れの月曜日

2007年11月03日 04:34

ブルースマスターシンちゃん(塩次伸二)のライヴの影響で
ブルースづいているさとぅですこんっばんわ。
そのライヴで演奏されていたstormy mondayについて少し。
先日のライヴでこの曲が印象的だったのは
コード進行というかハーモニーが(予想外に)豊かだったからです。
具体的に1例挙げると、4~8小節のサブドミナント?部で
C7/C7/G7 Am/Bm B♭m/
ってな感じの進行をしてまして。ここがかなりジャジーなんですね。
ジャズブルースもありますし、ジャジーておいこら舐めんとんか
と言われそうですが、まあご容赦下さい。

僕はあんまりブルースの曲に詳しくないですが、それでも10年位前はレイヴォーンを中心に
ブルース進行の曲ばっかり聴いてました。でも、その時こういう感じのブルースには
出くわさなかったんだよなあ。今振り返ると高校生の頃の自分にとっては、
ブルース=レイ・ヴォーン(てかアルバート・キング)=マイナー・ペンタ
てな感じだったようです。惜しいな、と思うのは
メジャーペンタを意識する事無く高校時代を終えてしまった、ちゅうことです。
脱線しました。ともあれ自分が思うより遥かに豊かなハーモニーを持っている曲
というのがこの「Stormy Monday」に対する印象なわけです。
で、自分の持ってるCDの中で誰かこれ演奏してないかな?と探してみたら
ありました。オールマンブラザーズバンドがフィルモアでやってました。
これ、かなりジャジーでありまして、先日のシンちゃんライヴと似たような進行です。
いやーディッキー・ベッツもデュエインさんも良いっすね。
で、思ったのはレイ・ヴォーンこの曲絶対演奏してるでしょ?
ということです。超有名だしね。レイヴォーンはこの進行に対してどんなプレイを
していたのだろう?と回顧的な興味が湧いたのでした。

で、Youtubeで検索しますとアルバート・キングとやってました。
てかこのセッションを収めたCD持ってたつうの!
全然気付かない俺どーなの!
と自分の耳を詰りつつ、再生

進行が・・・単純化されとる!
うーん、いわゆるごく普通の12小節ブルースになってます。
他にもクラプトン、ジョン・メイヤーらの演奏を見ましたが、みんな
単純バージョンでやってますね。個人的には、進行が複雑な方が好きです、し、
意外に演奏するのは楽な気がします(楽とか、本当は言いたくないが)。

ちょっとブルース進行の懐の広さを垣間見た気分であります。
この曲は気に入ってるので、いずれ歌詞もきちんと訳してみましょう。
何でか?オールマンもそうなんですが、演奏だけ聴く分には
あまりストーミーって演奏でもないんです。
嵐かコレ?どちらかというと熱帯性気候&曇天というかけだるい感じが。
どうも幼児期の記憶の強みでしょうか、嵐っつうと
Couldn't stand the weather
こんな感じ、つまりレイ・ヴォーンを思い浮かべてしまいます。
これは名曲ですねえ。曲も良いし、ソロも歌ってるし、歌に入る前のカッティングがカッコいい!
time to get ready for the stormと歌ってるなあ。
あらためて見ると、かなりジミヘンなウニウニサウンドですが、昔はそんなこと
全然気にしてなかったです。

しかしレイヴォーンは嵐というより洪水か。
懐かしいなあTexas Flood
この曲のライヴ映像を見た時、正確には彼が
2本弦まとめてチョーキングしながらゆらゆら揺れてる
のを見た時、ワタクシ最初のガビーン!!を体験したのでした。
もうメチャクチャカッコよかった。何故かその時の映像がYoutubeでは見つからないなー。
1983年のAustin City Limitsです。

では、またー

追加:
1988年、BBさん、コリンズさん、SRVさんによる洪水
ちょっとコリンズの扱いが悪い気がするが、でも良い映像。レイヴォーンも太る前で中々凛々しいです。BBキングがまた抜群でござんす。


コメント

  1. エヌ | URL | -

    明日のライブの練習終えて今帰ってきました。
    こちらをのぞくとストーミーネタが・・・・
    ではとっておきのやつを紹介します
    Mr.335TVを見てください
    http://mr335.tv/index.html

    ラリー先生がこのコード進行でデモ演奏してます
    335BLUESのとこ開いてください
    リズムからソロまでやってくれます。
    キーはAかな

  2. さとぅ | URL | NLArNQfI

    うぎゃあ~!

    こいつは凄い!
    なんちゅう至れり尽くせりなサイトでしょう(^^;
    大変参考になりました、ありがとうございます!
    ライヴ、楽しんでくださいね~(良いな~)!

  3. エヌ | URL | mQop/nM.

    ZENDRIVE

    とうとうアメリカより届きましたよZENDRIVE
    レスポールとは相性バッチリです。
    ストラトにはちょっとゲイン不足かな。

    ストーミーの続きです。
    Jetter Gear というところの気になっているペダルで
    Gain Stage Red ODというのがあります。
    ここのサンプルサウンドでストーミーがあります
    http://www.jettergear.com/sounds.cfm#

    Gain Stage Red のDave Taylorがそうです
    LPとフェンダークリーンですがマーシャルっぽい
    トーン出てますね

  4. さとぅ | URL | NLArNQfI

    情報ありがとうございますー

    ちょっと忙しく更新滞っておりますが・・・
    JetterGearは名前は少し前に耳にしました。
    GainStageの青がエリック・ジョンソンっぽくなるペダルだーとか
    最近はペダル屋さんも物凄い数ですから、勘違いかも知れませんが。。

    サンプル聴きました。ジャジーな進行になってますねえ。
    前に紹介してもらった335TVも大変参考になりました。ありがたいウェブサイトです。
    どうやらカールトンの教則本の宣伝をかねているみたいですが(^^;

    zendrive,エヌさんの記事で詳細なレポートは読ませていただきましたが
    シングル、ハムでの違いが如実に出るようですね。僕は今ハムのギターを
    持ってないので比較のしようがないのですが、自分のzenもどきはテレでも
    十分歪むなあ、という印象があります。市販のzenは品番を削って分からない
    ようにしてあるみたいですが、自作されている方々の意見では、オペアンプと
    クリッピングダイオードに何を使うかで相当歪みの質感が変わるようです。
    僕は作ってからいじる意欲を失っておりますが(^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://twangme.blog119.fc2.com/tb.php/22-7f31cd42
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。