--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塗装の完成度

2007年10月24日 20:47

既に「急がば回れ」にそむきつつあるさとぅです。こんばんは。
今日は塗装をやりました。一気にやっちゃいました。
塗装

この解像度だとギリギリ綺麗に見えるかも知れません。
今日の内に下地→乾燥→ホワイト→焼付け→レッド→焼付け
という行程を一気にやりました。こらえ性のない男です。
結果、「良いねえ!」という興奮と「しくじった!」という悔しさを
同時に味わっております。
焼付け、とはオーブンを使って200度の熱を2分ほど浴びせて塗装面を強化する
的な手法です(そんなのは焼付けとは言わん、という向きもありましょうが)。
今回初めてやりましたが、素晴らしく塗装面が強く仕上がります。爪立てても
傷一つ付きません。これは実に素晴らしい。

悪い点は、塗料の気泡が出来てしまう→みっともない。
という点でしょうか。それが以下の画像です。
側面

これは・・・大変美しくないですね。100円の安物塗料だから、というのが原因かも知れませんし、
そもそもオーブンを使うことが原因かも知れません。ここは今の所ウェブ上で情報を探せてないので、
試行錯誤する事になりそうです(熱意が余ってれば)。

あとは、塗装直後からホコリなどの微細なゴミに悩まされますね。
塗装が綺麗に仕上がれば仕上がるほど、気になる。
画像は1000番の紙ヤスリをかけた後なのであまり綺麗じゃありませんが、それでも
焼付け後の赤はとっても綺麗で、興奮しましたです。

今回は少し工夫して、バインディング付きのケースを目指してみました。
外枠を囲むホワイトがそれです。デザインを考えていた時に目に留まったのが
ロベンの『タイガー・ウォーク』のブックレットです。そこで彼の抱えているギターが
赤地にホワイトのバインディングのモデルでして。これ行ってみよう!と。
マスキングテープでホワイトの塗装面を保護しただけですが、まあそこそこそれっぽく
仕上がります。遠くからみれば。

さて、塗装の汚い部分をどうフォローするか。。
あるいは放置して先に進むか。。このエフェクターを愛情もって使うためには、やはり
気泡の部分は修正してあげないといかんかなー。


コメント

  1. さとぅ | URL | -

    気泡の原因

    再度塗り直しながら思い当たるのは
    「一度に厚塗りしすぎ」なのが気泡の原因なのではないか
    ちゅうことだが。。もう手遅れだなァ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://twangme.blog119.fc2.com/tb.php/17-74b7b906
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。