--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーク・フォードの映像(備忘的)

2009年09月30日 01:12

その音色、佇まいにどうにも惹き付けられてしまう
そんなギタリストの一人がTone KingことMarc Fordです。
最近見つけた彼の動画をいくつか。


Orangeアンプと契約を結んだのか、オフィシャルビデオに出てきてOrangeの現行アンプで
デモ演奏をしています。これがどれも面白い。こちらはTiny Terror。
言葉少なに「This amp is bad(=素晴らしい)」と語って
ストラトをコントロールしながら様々な音色を聴かせてくれます。
注意:いずれも映像後半からの登場です。


ここでもやはり右手のフォームに魅入ってしまうのだな。
まーしかし、ストラトが欲しくなるっちゅう話ですね(^^;


これは登場シーン僅か。


デモする気あんのか?!
いや、あんまりない。という答えが返ってきそうな、飄々としたデモです。
ここで踏んでるFuzzもアナログマンSunLionなんでしょうか。
FuzzFace、と発音しているのは聞こえますが。。

ストラトのヘッドの形状って美しいなあ。


コメント

  1. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    good sound

    最近は楽器屋さんでも頻繁に目にするオレンジですが、昔は正式には入ってこなかったんじゃないでしょうか?
    画像でのサウンド、ストラトとのコンビに心奪われますe-272
    昔のオレンジよりもハイゲイン気味になっているようですね、でもオレンジ独特のミッドがギュッと詰まったコンプレッション感
    とマーシャルだとギャリ~ンと来るところが、ジョリーンとくる辺りに個性を感じます。

    v-501マーシャル、オレンジ、voxの大英帝国軍団に対抗するv-497米国フェンダーはここらあたりで本気に物量投入(良いパーツをふんだんに使用)した
    本物志向のアンプを世に出さないと90年中期以降の廉価ごまかしシリーズのツケが本当に回ってきて本物志向のユーザーが
    ドンドン離れるのではないかと危惧します。e-350マーシャルはMarshall Silver Jubileeシリーズでプリアンプ内部にオペアンプとダイオードクリッパーを使うというクオリティーダウンを施してjcm900,jcm2000でも同様の系譜を受け継ぎましたが、最近の原点回帰シリーズで見事に復活傾向です。
    日本のメーカーからワールドワイドな名機が出ないのは製造メーカーとしてのコストベースと相反するクオリティーの高い製品を高い次元で生産し、供給を長期間維持できないという楽器メーカーとしての技術云々よりも日本の一製造業者としての役割を優先させないと会社が潰れるという悲しい循環があるからなのですよね。

    設計、試作段階では技術者の夢が一杯詰まった名機でも、生産ベースバージョンでは別物。やっぱりガレージメーカーでなければ60年代と同じクオリティーのものは
    できないのでしょうかね。e-292

    ココは一つビルゲイツさんに出資してもらって、幾らでも出すから良いモノ作ってよ!と言ってくれませんかね!e-461

  2. さとぅ | URL | -

    ありがとうございます

    こんな備忘記事にコメント頂きありがとうございます(^^;
    マーシャルは、やはり近年のHand Wired Seriesの印象は今も大きいですね。
    Orangeはそもそも使ってるギタリストの知識もなくって、高校生の頃はずっと存在を
    知らずに過ごしていました。

    日本のアンプメーカーとなると・・・Guyatone?うーん今や思い浮かびません。。

    Fenderも最近はHand wiredの商品が増えつつある印象があります。
    5F1チャンプが出たばかりですし、少し前には5E3デラックスが出ましたね。
    どちらもお約束!のYoutubeで見ると中々良い感じでした。持ち運べるサイズのデラックスに
    今は興味を持っています。

    昨日までオークションで5C3デラックスが出ていましたが、いやー最後は20万近くになってしまい
    見送りましたです。

  3. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    そうでしたか!

    いや~失礼しました、そのような超正統派が出ていたとは、、、
    わたしはthe twin の後継機のtwin ampやサイバーtwin,super champ xdなどの
    試奏でガックリしましたもので、、、
    手軽に持ち運べてツイードなサウンド!これは良いですね。20万円となると
    かなりの覚悟が要りますね~ オークションは欲しい物が出ているときに限って
    資金調達力不足期と重なってタイミングが難しいです。

  4. さとぅ | URL | -

    そうなんですよねー>タイミング
    でも、そこも楽しいですね。一期一会!
    実はその5C3の出品者さんは、マーシャルもすんごいのをまとめて出されていたのですが、
    その中にえらくマニアックな質問されていらっしゃる方がいて、頭文字がcast...これって
    Castmanさんかもね~などと妙な楽しみ方をしながらチェックしたりしておりました。

    サイバー、およびXDシリーズは駄目でしたか!
    XDは値段は良心的なんですけどねー。Champion600の復刻なんか、可愛くていいなあ
    と思います。音はまあ、最高!ってことはないでしょうが(^^;
    ebayで800ドル程度で5E3のフルレプリカが買えたりもするのですが、こんなんで
    利益が取れるのか、かえって不安に思ったりもしています。

  5. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    あ~あの71年Marshallの出品者の方に質問をしたのは私です。(^ム^)
    内部の詳細写真が後のアップされていましたね、シリアルが1000台ほど違いましたが
    私の持っている71年と全く同じパーツでしたよ。ちょっと、保存状態が宜しくなさそうでしたね。

    ebayアメリカなんですが、73年の1959ヘッドが新品同様で出ていました。もし年末付近でも手に入る状況でしたら
    買おうかなと思っております。70年代のエレファン柄キャビネットの1960Bも日本で買うより安く出ていましてね~
    かなり心が動いています。昨日も真夜中にアッテネータに繫いだマーシャルでギターボリュームを6くらいまで下げて
    弾いていましたが、ちょっと絞って弾くマーシャルも余裕があって、もう本当に最高のサウンドなんですよ、72年、73年も微妙に違うはず
    ですので自分の耳で確かめてみたいんですよね。

    完成度はボグナーやスプラインの方が遥かに上なんですが、マーシャルのじゃじゃ馬さ加減に凄く惹かれてしまいます。

  6. さとぅ | URL | -

    おー

    やはりそうでしたか(^^)>質問
    あの出品者さんはスタジオ関係者か何なのか、
    次々と逸品を出していますね。今も1957年のFender Tremoluxとか
    出てます。入札したくなるような説明文ですが、5c3以上の額になりそうです。

    Fenderアンプをチェックした時、ヤフオクと比べ物にならない位の数が
    ebayには出ていて、随分と興奮したものです。マーシャルはengland発ですけれど、
    利用者人口はアメリカが一番でしょうから、やはりebayには色々出るのでしょうねー。

    castman-marshallサウンド、ぜひ体験したいものです♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。