--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミック・テイラーさん

2009年02月03日 17:48

SGが帰ってきまして、弾き倒しているさとぅです。
いやー、軽い。軽すぎる。力んだら壊してしまいそうで怖いです。

全然脈絡ないのですが、ジョン・メイオールのブルースブレイカーズ時代の
ミック・テイラー、かなり良い音してるんですね。驚きました。
2分もないので、ぜひ聴いてみて下さい。



曲そのものはさておき、またメイオール大将の炭酸の抜けたコーラ
みたいなボーカルもさておき、ギターはナチュラルオーバードライヴ!
ちゅう感じでビビっときました。この時19歳位らしいのですが。。

この音色がかなりぐっと来たので、ミック時代のブルースブレイカーズを
買ってみようかなと。ありがたいことに、2枚しかないスタジオ版はどちらも
かなりお安いです。



↑のアルバムは加入後1枚目。↓は2枚目。



当時若干20歳弱という年齢を考えると、2枚目の方が良い演奏なんではないか?
と推測しつつ、でも1枚目にはピーター・グリーン時代のボーナストラックが9曲近く
付く!という事でケチなワタクシ、悩みました。

悩んだ結果、



こいつにしました(どっちでもないやんけ!)。
ウェブ上の情報によると、ミック在籍時のライヴのようです。
ライヴ>スタジオ、これ真のギタリストの証!ちゅうことで(^^)
カッコよくなかったら恨みがましいレビューを書くかも知れません。

ちなみに1982年頃にミックさんとジョンさんはリユニオンツアーを
やってますが、こっちの頃の方がフレージングは洗練されてるのかも、
という期待もあります。



中々良いスライドです。これもライヴ盤が発売されてます。
溢れる物欲、どうしたらええんでしょう。。



コメント

  1. blues boy | URL | 7pooUle6

    やっぱり

    LPにマーシャルの王道サウンドですね。
    いい音してます。

    P.Green時代でしたら2枚組み持ってます。
    フリート・ウッド・マックもいくつか集めました。
    いつでもご用命下さい。

  2. さとぅ | URL | -

    長官

    いつもありがとうございます。
    P.Greenもきちんと聴いてみんべえ、と思いつつ早10年、みたいなギタリストです(^^;
    マーシャル+レスポールの王道も、わずか数年前にクラプトンが生み出したんだと考えると、
    ミックさんとか相当のめり込んでコピーしたのかなあ、なんて歴史に思いを馳せてしまいます。

  3. JAKE(じゃけ) | URL | z8Ev11P6

    届きました

    昨日、物が届きました・・v-8
    ありがとうございました!
    メッチャうれしいです!

    そう!ミック・テイラーは、ギターの音がいいので好きですv-10

    それにしても、ミックさん、、昔は可愛かったな~。

  4. さとぅ | URL | -

    おっ
    無事届いて良かったです。こっそり楽しんでくださいv-8
    僕は新作よりもデビュー作に衝撃を受けました。ジャズが好きなので・・・
    新作は、ドイル・ブラムホールが良い声で、嬉しい収穫でしたねー。

    ミックさん、確かに昔は美少年でした!
    太っちゃうんだなあこれが。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。