--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Get Out of my Life: 実験序文

2009年06月12日 02:32

ジメってきましたねえ。
やはり弦のサビっぷりが良い気がします。。

最近のお気に入りを。


オリジナルはアラン・トゥーサンらしいです。
この曲は、2007年の来日公演のブートを聴いていて知ったのですが、
その新宿公演での演奏が素晴らしくて毎日聴いてます。
Youtube上では残念ながらそれに匹敵するクオリティのものがまだ
見当たらないですが、上のプレイも十分素晴らしい。


これは上より少しノイズが増えますが、演奏の熱度は高いです。

この曲でのデレクの魅力は
チョーキング
に尽きますです。新宿公演はソロの出だしが2音チョークなんですが、
ジョリっ!としたサウンドで粘りのあるチョークがたまらん!
上の映像でもぶぉーんと伸びあがるチョーキングが満載です。
ノンスライドなんで、落ち着いて指弾き&オープンEのフィンガリングの練習
をするのにも適した曲かも。

しかしですね、011のゲージで、1弦で2音チョークって
かなりきついというか、僕には無理でした。
半音下げチューニングで何とか弾ける感じ。
握力つければ弾けるんでしょうか。

そんな経緯があり、今日ゲージを久しぶりに09-42にしてみました。
もう、笑うほど軽い。何音でもチョークできそうです。
実際には指板のRの問題もあり、3音位で音切れしますが。
また右手のピッキングも、011とか012のつもりで弾いてると結構ノイジーになるというか
弦が負けてPUに接触したりします。
ただチョーキングするにはストレスなくって良い!ですねー。さいこーに楽。

驚いたのは、09のゲージの方がいい音になったような気がした、という点です。
ギターに合うゲージ、ってのがあるのかな、と思いました。
太い弦=いい音
みたいな思い込みは、やっぱりあったようです。
011~の頃に比べると、固さが軽減されて、軽い音になりました。

さらに驚いたのは(くどいわ)、
09ゲージでもスライド結構気持ちよく弾ける!
ちゅうことです。ヘッドフォンアンプでの印象なので、近日中にアンプを使って
検証してみたいと思います。それにしてもネックにはテンションの大変化で迷惑
かけとるなあ。ごめんね。

09july 010
09へ交換後のネック。・・・交換前(011)と違いが分かんないす(爆)

09july 011
6弦側12F。大体500円玉すっぽり入る高さ。

09july 014
1弦側12F。500円玉すっぽり+ほんの少し高め。

この設定で、G405で弾いて見る予定です。実験なんで、ひどい音になっても載せますよー。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。