--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New Orleans Jazz Festival 09

2009年05月04日 12:22

momo.jpg
こんにちは、さとぅです。

今年もニューオーリンズ・ジャズフェスティヴァルの季節がやってきたようです。

我らがサニー、今年も元気に出演されたようで、いくつか映像が上がってきています。
どれも映像・サウンドの質は高くないのですが、興味深い点があったので紹介します。


まずは「Milky Way Home」。映像の終盤、彼のペダルボードが撮影されている点が
非常に興味深いです。僕が視認出来る限りでは・・・右側から
T-rex Replica (Tape Echoの代わりに、と本人)

Hermida Audio Zendrive
恐らくBoss TU-2 (Tuner)
という感じか。Zendriveはロベン・フォードに教えてもらったそうで、
「マーシャルともフェンダーとも合う、良いペダル」とインタビューで語ってました。

そう、サニーのプレイで重要なのはエコー!
だとわたくし思っているのであります。エコーというかディレイというか。
スピーディなプレイの合間に突如オクターヴ奏法で嘶きのようなフレーズが
入り込んでくるんですが、その素晴らしさったらない(Wind in Denver辺りが分かりやすい)。
ただでさえサスティンがかかってるスライドフレーズに、さらにぶぉーんと伸びが加わるんです。

そこでエコー。欲しいなエコー。テープエコーは貴重なんで、ツアーの時は先述の
T-rex Replicaを使ってるサニーですが、このペダルも
ぶっちゃけ高いorz
貧者の味方、ベリンガー辺りで間に合わせようかな、と思っていたら、
業界の風雲児Lovepedalがすげーの出しましたね。



ちっさ!・・・ちっさっ!小さいペダル好きなんです。でかいのよりも。
ブティックペダルを自称しながら中身はチップだったりして、
手放しで好きにはなれないメーカーですが、音は好きなんだよなあああ。
一気に4機種、ミニサイズのペダルが発売されましたが、私が注目しているのは
当然エコーと、あとはamp50です。



このエコーは・・・なかなか良い・・・安くはないですが。。

すっかり脱線しました。ジャズフェスからもう一点。


何が興味深いって、テレキャスのブリッジプレート使ってる事です。
最近この黒&ローズのストラトを使う機会も多いみたいで、今年のロシア・モスクワ公演でも
黒ストラトを抱えていたサニーですが、その時はテレブリッジついてたかな~?

・・・ついてるなあ。しかしSouth of I-10は本当に名曲ですね。
コーラスが入るところで毎回泣きそうになります。長調の曲なんですけどね。

このテレブリッジは、サウンドの補正というよりは、
ザグリば隠すとにちょうどよかばい、位の意識なのではないか、
なんて推測して楽しんでいます。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。