--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MI AUDIO Crunch Box

2009年02月22日 00:22

ブラウニー、作りたいな~
と言いつつ実は別に作っているペダルがあったんで、紹介させて下さい。
MI AUDIOのCRUNCH BOXというモデル

参考にしたのはSHAKEさんのブログです(ありがとうございます)。

部品が少ない=製作楽そう(これ大事)
という事と、製品版のレビューが中々グッドでして(こんなんばっかっすね)。

しょっぱなでレインボー弾いてる!→マーシャルサウンド?
まあ未だにマーシャルサウンドのなんたるかを知らない私です。

自作されてる方の音も良い!これとか。

先日スタジオに入る機会があったんですが、
とにかくロクな歪みが作れず、苦い気分を味わいましたもので、
スタジオのJCを変身させることのできるペダル
をテーマにいくつか作ってみて、頃合いを見てスタジオ入りしたいと思ってます。
まあ、SHIGEMORIとか買った方が早そうですが、高いですからねー。

で出来上がりはこれ。
mi-audio1.jpg
まあこれだけ見ても何とも。

中はこれ。
mi-audio2.jpg
Castman師範の言葉に飛びついて、電解はELNAを使ってます。

スタジオで大音量で試さない限りきちんと評価はできない、
と断った上でのコメントですが、なかなかいい音です。
太い、ディストーション系?ぺらっと録音しましたので、よろしければ
是非聴いて下さい。

セッティングはこんな感じで
gc405-eq-setting.jpg
クリーンチャンネルで、ボリュームは2,5位。

ペダルは一律この位置で
mi-audio-setting.jpg
左からVol、Tone、Gainとなっています。

SGでの録音
⇒中々美味しい歪みであります。最初のリフ、Dのコードで音程が揺れ揺れ
なのは、SGの薄いボディとネックのせいだと思います。ちょっと力むとすぐに
♯するか♭してしまう。今まで一番気を使うギターかも知れない。

次にVanzandtのテレ
⇒和音を弾いた時の印象がハムPUのSGとかなり違います。
一応比較がしやすいように、こっちでもへっぽこStumbleを弾いてあります。
この曲は進行が少し凝ってて楽しい!でも練習しないと弾けない。。

おまけにテレ+スライド
⇒ノーマルチューニングで、10~のゲージです(上のテレと同じ)。
演奏はまあ平凡ですが・・・やっぱスライド気持ちいいですねえ(^^;


EQではローをかなり控えめにしているのですが、
それでも出音は結構低音が出ているような気がします。

gc405.jpg
ちなみに、スタックです。ぐふふ。
ボリューム2,5じゃあスタックの意味ねーよ!
と言われそうだ。自己満足の趣味道ギター病!


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。