--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩次伸二ギター・ジムについて

2008年09月27日 22:16

今日は自分が通っている月に一度のギター教室
塩次伸二ギター・ジムについて紹介しましょう。
今日は・・・て本日3度目の更新で何言うとんねんという突っ込みがチラホラ。

コンセプトは大まかに言って
ブルースをベースにギターの弾き方を学んでいく、という感じ。
塩次さんを囲む形で毎月10人程度の生徒が集まります。

レッスンのメインは、二人一組になって行うアンサンブルの披露&批評
でしょう。毎回異なる相手と組んで、
テーマ→ソロ→(相手のソロのバッキング)→テーマ(エンディング)
という順番で他の生徒の前で演奏を行います。
ライヴをやり慣れている方はあまりプレッシャーは感じないかも知れません。
実際、生徒さんの中には堂々と弾き倒される方もいます。でも、僕はまだまだ
緊張します。厳密には、自分の出番を待ってる間が一番落ち着かないんですが。
実際に演奏する事自体は、なかなか楽しい経験です。
で、この演奏の後にそれを見ていた皆さんからの感想・批評を聞きます。
この過程がこのジムの魅力の一つです。他人の演奏を聴くのも色々と参考になります。
こういうアプローチがあるのか、という気付きも然り。
あるいは演奏がサウンドしていない局面で、なぜサウンドしないのかと考えてみたり、
リズムが崩れていく局面で、何がきっかけで崩れていってるのか、と考えてみたり。

で、この発表→批評のやり取りの後で、塩次さんが毎回のテーマに合わせて
用意してきた譜面の練習を行います。今ですとブギのビートに合わせた少しスウィング気味の
バッキングのノリの練習とか、ブルースの定型句の紹介とかです。

合間合間に塩次さんが弾く演奏を聴けるのもファンには魅力です。
当たり前なんですが、ジロキチのジャズコでも、僕らが弾くのと塩次さんが弾くのでは
音が全然違います。まあ、当たり前なんですが(^^;

間に15分ほどの休憩を挟んで延べ3時間ほどレッスンは続き、最後は質問コーナー。
ブギの参考としてお勧めの音源は何か?とか、フレージングの指使いについて、など
色々質問が出ます。

後は、毎回の発表の様子を録音して、持ち帰って聞いて反省する、と(^^;

数年前に塩次さんのライヴを東京で見て以来、
彼が日本で一番のお気に入りギタリストになりました。
HPを調べると関西ではレッスンをやっているというじゃないですか。
関西移住の術はねえか?とぼんやり考えていた矢先に、東京でもジムを開く計画がある、
と本人から伺うことができました。このチャンスは、やはり試してみんば。
という次第で今年の1月から月1回のレッスンに通っております。
最初のテーマは
ミディアムテンポのEシャッフルでした。
今は
Cのブギ、速め
です。

教わる内容そのものは、正直言って
目新しいものは個人的にはあまりないです。
でも、スケール知ってたって、いい演奏ができるわけではない。
毎回その場で自分で反省内容を見つけてくる、という感じでしょうか。
発表の場で、十分に満足のいく演奏ができるようになったら、やめるかも知れません。

何か気になる点があったらお気軽にお問い合わせ下さい。
スポンサーサイト

Karl Fuzz到着!・・・なれど

2008年09月27日 21:03

鉄は熱い内に打て、さとぅです。
今年の夏、Lovepedalが限定50セット(位だった気が)、99ドルで
突然セールしていたKarl Fuzz アイボリーカラーがアメリカの実家?
から到着しました。

karl-ivory1.jpg

この色、かなり良い感じです。素敵です。

でもねー。。。

壊れてましたorz
壊れてるというか、フットスイッチに関係なく
常時Fuzzオン状態です。LEDが点いてようといまいとFuzzオン。

Lovepedalに治してもらうにしても、送料だけで30ドル位
かかってしまうでしょうね(TヮT)。
「出来れば自分で治しちゃうから、問題改善のためのアドバイスがあれば
教えてくれ」と添えてメールしておきました。

でも、こいつ、
karl-ivory2.jpg

こんなんで、

karl-ivory3.jpg

こんなんですわ。
チップバリバリ。半田作業は厳しいかも知れません。
ちなみに見た感じ、トランジスタは使ってないような。
代わり?にオペアンプらしきものが見えるような。
それでもギターのVolでしっかりクリーンサウンドは出せました。


ここでは「ハイゲインシリコンファズ」と紹介されてるんですけどね。

・・・この映像を見ながらセッティングを試していたら・・・
Toneツマミも効いてないことが判明orz

やってくれるぜlovepedal
でも、正直注文して金払ってから大分時間が経っているので、
あまりショックを受けていない自分がいたりもする。
筐体がカッコいいから、これ流用してFuzz作ろうかな。Fulltone 70'とか。

出音なんですが、この状態で一通り試した限りでは、
まだセイモアダンカンのtweak fuzzの方が好みでした。
歪みが浅いというか、野蛮さに欠けるというか。

Kendrick Black/Gold series

2008年09月27日 16:55

ヤフオクでの検索が趣味、と言われても否定できない今日この頃。

最近は出物が減っているような印象がありますが、
さきほど面白いアンプを発見しました。

Black/Gold series というようです。
どういう趣旨のアンプなのかは、まだ英文を読んでないので分かりませんが。

Kendrickはツィード張りのFenderコピーモデルの印象が
強くって、他のモデルが存在することをすっかり忘れてましたが、
パワー管をEl34と6L6で切り替えられる上に、自己バイアス(?名称が適当かどうか自信なし)
でほぼ全てのパワー管が付けられるそうな。

bg5.jpg

画像は最少出力モデル。ナチュラルカラーが美しいなあ!
アンプは見てるだけで楽しいです。

塩次ギタージムについては・・・次回!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。