--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩次伸二ギター・ジムについて

2008年09月27日 22:16

今日は自分が通っている月に一度のギター教室
塩次伸二ギター・ジムについて紹介しましょう。
今日は・・・て本日3度目の更新で何言うとんねんという突っ込みがチラホラ。

コンセプトは大まかに言って
ブルースをベースにギターの弾き方を学んでいく、という感じ。
塩次さんを囲む形で毎月10人程度の生徒が集まります。

レッスンのメインは、二人一組になって行うアンサンブルの披露&批評
でしょう。毎回異なる相手と組んで、
テーマ→ソロ→(相手のソロのバッキング)→テーマ(エンディング)
という順番で他の生徒の前で演奏を行います。
ライヴをやり慣れている方はあまりプレッシャーは感じないかも知れません。
実際、生徒さんの中には堂々と弾き倒される方もいます。でも、僕はまだまだ
緊張します。厳密には、自分の出番を待ってる間が一番落ち着かないんですが。
実際に演奏する事自体は、なかなか楽しい経験です。
で、この演奏の後にそれを見ていた皆さんからの感想・批評を聞きます。
この過程がこのジムの魅力の一つです。他人の演奏を聴くのも色々と参考になります。
こういうアプローチがあるのか、という気付きも然り。
あるいは演奏がサウンドしていない局面で、なぜサウンドしないのかと考えてみたり、
リズムが崩れていく局面で、何がきっかけで崩れていってるのか、と考えてみたり。

で、この発表→批評のやり取りの後で、塩次さんが毎回のテーマに合わせて
用意してきた譜面の練習を行います。今ですとブギのビートに合わせた少しスウィング気味の
バッキングのノリの練習とか、ブルースの定型句の紹介とかです。

合間合間に塩次さんが弾く演奏を聴けるのもファンには魅力です。
当たり前なんですが、ジロキチのジャズコでも、僕らが弾くのと塩次さんが弾くのでは
音が全然違います。まあ、当たり前なんですが(^^;

間に15分ほどの休憩を挟んで延べ3時間ほどレッスンは続き、最後は質問コーナー。
ブギの参考としてお勧めの音源は何か?とか、フレージングの指使いについて、など
色々質問が出ます。

後は、毎回の発表の様子を録音して、持ち帰って聞いて反省する、と(^^;

数年前に塩次さんのライヴを東京で見て以来、
彼が日本で一番のお気に入りギタリストになりました。
HPを調べると関西ではレッスンをやっているというじゃないですか。
関西移住の術はねえか?とぼんやり考えていた矢先に、東京でもジムを開く計画がある、
と本人から伺うことができました。このチャンスは、やはり試してみんば。
という次第で今年の1月から月1回のレッスンに通っております。
最初のテーマは
ミディアムテンポのEシャッフルでした。
今は
Cのブギ、速め
です。

教わる内容そのものは、正直言って
目新しいものは個人的にはあまりないです。
でも、スケール知ってたって、いい演奏ができるわけではない。
毎回その場で自分で反省内容を見つけてくる、という感じでしょうか。
発表の場で、十分に満足のいく演奏ができるようになったら、やめるかも知れません。

何か気になる点があったらお気軽にお問い合わせ下さい。
スポンサーサイト

Karl Fuzz到着!・・・なれど

2008年09月27日 21:03

鉄は熱い内に打て、さとぅです。
今年の夏、Lovepedalが限定50セット(位だった気が)、99ドルで
突然セールしていたKarl Fuzz アイボリーカラーがアメリカの実家?
から到着しました。

karl-ivory1.jpg

この色、かなり良い感じです。素敵です。

でもねー。。。

壊れてましたorz
壊れてるというか、フットスイッチに関係なく
常時Fuzzオン状態です。LEDが点いてようといまいとFuzzオン。

Lovepedalに治してもらうにしても、送料だけで30ドル位
かかってしまうでしょうね(TヮT)。
「出来れば自分で治しちゃうから、問題改善のためのアドバイスがあれば
教えてくれ」と添えてメールしておきました。

でも、こいつ、
karl-ivory2.jpg

こんなんで、

karl-ivory3.jpg

こんなんですわ。
チップバリバリ。半田作業は厳しいかも知れません。
ちなみに見た感じ、トランジスタは使ってないような。
代わり?にオペアンプらしきものが見えるような。
それでもギターのVolでしっかりクリーンサウンドは出せました。


ここでは「ハイゲインシリコンファズ」と紹介されてるんですけどね。

・・・この映像を見ながらセッティングを試していたら・・・
Toneツマミも効いてないことが判明orz

やってくれるぜlovepedal
でも、正直注文して金払ってから大分時間が経っているので、
あまりショックを受けていない自分がいたりもする。
筐体がカッコいいから、これ流用してFuzz作ろうかな。Fulltone 70'とか。

出音なんですが、この状態で一通り試した限りでは、
まだセイモアダンカンのtweak fuzzの方が好みでした。
歪みが浅いというか、野蛮さに欠けるというか。

Kendrick Black/Gold series

2008年09月27日 16:55

ヤフオクでの検索が趣味、と言われても否定できない今日この頃。

最近は出物が減っているような印象がありますが、
さきほど面白いアンプを発見しました。

Black/Gold series というようです。
どういう趣旨のアンプなのかは、まだ英文を読んでないので分かりませんが。

Kendrickはツィード張りのFenderコピーモデルの印象が
強くって、他のモデルが存在することをすっかり忘れてましたが、
パワー管をEl34と6L6で切り替えられる上に、自己バイアス(?名称が適当かどうか自信なし)
でほぼ全てのパワー管が付けられるそうな。

bg5.jpg

画像は最少出力モデル。ナチュラルカラーが美しいなあ!
アンプは見てるだけで楽しいです。

塩次ギタージムについては・・・次回!

サニー映像自分用メモ(随時整理更新)

2008年09月26日 00:47

先日紹介したGuitarPlayer誌と連動の映像です。
自分が見て参考にするためにリンクを個別に整理します。

その1:Next to a kindred Spirit再演、オープンEについて

その2:ライヴ(クロスロードフェスのものっぽい予感)

その3:ギターレッスン

その4:スライドセミナー

その5:続セミナー。弦のミュートについて?

追加:最新インタビュー。機材情報などが含まれている、らしい。

久しぶりにジャズ(ブルース)

2008年09月23日 03:10

どうも、今日は月に一度のギター教室の日でした。
実は今年頭からブルースマスター塩次伸二さんのレッスンを受けているんです。うへへ。
レッスン内容は結構基礎的なんですが、彼に教わる機会なんて
これを逃したらもうないのではないか、と思えまして。。

で、先月からお題は「ブギー」。
有名な曲に「スローなブギにしてくれ」ってのがありますが、
あれはあり得ないそうです。
シャッフルのハイスピードバージョンがブギである、という認識だそうで、
だもんでスローはない、と。

さておき、自分で練習し、ソロを練ってみると、
速いブギって、結構ジャズのフレーズがハマるというか、サウンドします。
てことでちびちびチャーリー・クリスチャンのプレイをコピーしていました。
ただ、こういうのって、コピーしてもコピーしただけで終わっちゃって、
それ以降の演奏に中々生かせないです僕は。
ジャズにはまってた頃は結構たくさんコピーしたけど、今は出てこないもんなあ。

今日のレッスンでは
メジャーペンタをうまくソロに組み込むコツは?という質問が出たのですが、
これはある意味僕も課題にしている所であります。要はメジャーブルースだろうと
マイナーブルースだろうと、なまじマイナーペンタで弾けてしまう故の問題であります。
塩次師匠のコメントは

ビバップ聴くしかないのではないか。

でした。自分の推測でしかないが、と前置きしつつ、BBキングが自然に織り交ぜている
6thのようなメジャーペンタの空気は、チャーリー・クリスチャン経由なんじゃないか、と。
「ほんまに影響受けたんか?ちゅうほどBBはビバップフレーズは弾かないですけどね(^^;」とも
仰ってましたが。

で、師匠がお勧めしてたのが
チャーリー・クリスチャンのブルース
ベニーグッドマン楽団のビブラフォンの人(誰や?)のブルース
やっぱりチャーリ・パーカーのブルース
でした。

中でもチャーリー・パーカーのダイアルレーベルでの吹き込みのブルースは
ええですよ~
と言われたらそりゃ聴いてみたくなる。。

チャーリー・パーカーは中学生の頃に超名盤!と謳われていたのに釣られて
買って全くピンと来ず、8年ほど寝かしていたアルバムを一枚持っているのみ。


これです(ジャケが違うけど)。このアルバムは、今聴く分には
素晴らしいと感じる。ブルースがいっぱい入ってるんだけど、そのブルースが
多彩なのだ。かなりシンプルな進行のブルースから、細かく店長、いや転調するブルースまで
収録されている。特に気に入っているのはChi-Chiという曲。これはまさにジャズブルースな感じ。

でまあ、これを一生懸命コピーして次回の練習に臨めばいいじゃん、とも思うが、
やっぱり、ええですよと噂のダイアルシリーズ、聴いてみたいわけで。

ぽちっといってしまいました。

全39曲・・・本当に1枚のCDに収録し切れてるんでしょうか。。
非常に楽しみなんだが、その分期待がカラ回る危険もある。どうでしょう、初期パーカー。
パーカーはコンプリートボックスがいっぱいあるが、今回は財布と相談しました。

まったく関係けれど、チャーリー・パーカーのCDを探してアマゾンでマーケットプレイスを
うろついてると、長崎の中古CD屋が結構最安値を記録してたりする。
僕は長崎で小中高を過ごしているので、こういう場所ででも昔通った店の名前を見るのは
嬉しいものがある。当時から妙に品揃えはいいと思っていたけれど。。
僕のお勧めは「Groovin'」ってお店です(だからなんじゃい~)。

さて、前述の師匠のコメントには続きがある。

「ダイアルっていうシリーズがありまして、そこでのパーカーのブルースはええですよ~

ただし1小節コピーするのに5時間かかる。そん位わけわからんです」

もちろん、師匠のジャズブルースは絶品です。

なんかグダグダになってきたなあ。まさに日記のノリです。


Taylor Rocks!!!

2008年09月22日 01:30

テイラーいうたら・・・なんば思い浮かべますか?

ジェイムスでしょうか。

ギターにもありますね。ちょっと先進的なアコギの。

でも

ほんなこつは、ハウンドドッグにきまっと~たい~



サニー・ランドレスが狂犬テイラーどんの「Taylor Rocks」をカバーしています。
めちゃめちゃカッコいいです。サニーさんのオリジナル曲のような錯覚も覚える。
こういうの聴いちゃうと、また気持ちがスライドに行ってしまいますね。
あっちへフラフラ、こっちへフラフラ~
(1:55付近でそれなりに大きいノイズが入ってますので、ヘッドフォン使用の際は要注意)

サニー氏の後には、親切にも本家の演奏が続きます。
ガレージ!というかぶっ壊れた中にも不思議に透き通ったような印象の音色です。
このテーマ、コピーしてみると「woke up this morning」によう似てる、と思いました。
リズムの取り方一つで全然違って聞こえるわけで、深いですね。

原盤はこちら


この映像を繰り返し聞いて我慢すべきか・・・?
いい加減な九州弁はご容赦くださいー

妹尾隆一郎は凄い!

2008年09月21日 01:10

ファンに怒られそうなタイトル、お許しください。
こちら、台風も無事去った穏やかな夜であります。

そんな台風の通過直前、ストーミーマンデーならぬフライデー金曜日に
ブルースマスター塩次伸二トリオを見に、荻窪に行ってまいりました。

今回の塩次師匠はダンカン(旧ロゴタイプ)のローズ指板ストラトをメインで使用。
1曲だけ、マディー・ウォーターズの「I can't be satisfied」でスライド用にJoe Barden
のテレを使っていました。アンプはお店据え置きのローランドBlues Cube.
足元にはXoticのBBpreampを確認。

簡単に感想をば。
・1stセット、特に前半は中々マジックがかからないというか、少し地味な印象あり。

・その空気を瞬時に変えたのは飛び入り参加(アンプもセットしてたし、確信犯?)の妹尾隆一郎
・妹尾さんは演奏もさることながら、MC、動作、歌、芸(?鼻でハモニカ吹いたり
グラスでミュートかけたり)どれも「楽しさ」に溢れてました。
きちんと彼を見るのは実は初めてなんですが、大変に感銘を受けました。
まさに芸能の人。塩次さんも同じく見る人を楽しませる気質を持ったミュージシャンですもんで、
この二人がフロント張ると超楽しい♪素晴らしかったなあ。

・セロニアス・モンクの「blue monk」が聴けて嬉しかった。

・恒例なぞなぞコーナー、ついに正解ゲットしました。
賞品は妹尾ちゃんと塩次さんのツーショット画像を使ったピンバッジ(^^)。
これはマジでいいお守りになりそうな。。ブルージーな演奏ができそうな。。
ちなみに出題は「西南の役で敗れた西郷隆盛が、最期に食べた食べ物は?」

・Joe Bardenのテレは、メイプルの指板にうっすら木理が映えて、とても綺麗だった。

2008Sep-rooster.jpg
写真も、数枚撮ることができたので、唯一ピンボケの少ないものを。
会場は荻窪Rooster。出演者に負けない位エンターテイナーなマスターのいる、いいお店です。

最初の1、2曲こそ「あれ?」と思ったものの、終わってみればいつも通り、大満足の一夜でした。
ほんと、塩次さんと妹尾さん、最高です。

最後に伸ちゃんと妹尾ちゃんのデュオ映像を。これがまたジャジーで・・・絶品!



来月はこのデュオでのライヴが・・・あるんですわ(^ヮ^)
やはりライヴは見れる内にみとかんとね。

Sonny on Guitar Player.com!!

2008年09月19日 09:17

サニー・ランドレスが米『Guitar Player』誌表紙を飾ります!

0981126.jpg

今朝届いたサニーのメーリスからの情報です。
15ページあるというインタビュー記事も気になりますが、
やはり「サニーのスライドの秘密」という記事が気になります。
一応日本でも買えるようですね。紀伊国屋書店で1500円ほどのようです。

サニーさんは当分北米を回るようで、その内のいくつかは
Jakeさんも紹介されていたデビッド・リンドレーとジョイントだとか。
ああ、見たいなあ。

9月26日追記です。
mixiに書いたものの転用ですが。

image 068


本日入手しました。バイト帰りの電車で貪るように(^^;読みました。
インタビューも奏法レッスンも、非常に充実しています。

参考までに面白かった点をいくつか挙げます。
・ダンブルオーバードライヴスペシャルのどこが気に入っているか
・ディレイ、エコーを音作りにどう利用しているか
・3大音楽ルーツについて:ジミ・ヘン、BBキング、クリフトン・シェニエ
・何故クローズバックのキャビを愛用するのか
・『from the reach』の収録曲のサウンドメイク、奏法についてコメント
・なぜライヴではトリオ形態を好むのか
・弦のテンションと、チューニングと、それがもたらすトーンについての見解
・リプレイスメントPUについて
・ゲスト参加したギタリスト5人のサニー評。

さらに盛りだくさんなのは、
(アクセスがわかりにくいのですが)雑誌のオフィシャルサイト?でこのインタビューや
レッスンをフォローした動画が見れます。
http://www.guitarplayertv.com/
↑で、sonny landreth で検索をかけると色々出てきます。
http://www.guitarplayertv.com/index.html?channel=gpmasterclass1008&videofile=gptv/lessons/gptv_h08_sonny1
たとえば↑。

スライド好きでサニーが好きな方なら、購入して損は絶対ないと思います。
アメリカでの定価が7ドル弱なので、国内売価もさほどボッてない(ここは人それぞれでしょうね)。
参考になれば幸いです。

Castman Hendrix Sound!

2008年09月19日 00:07

今日は新しいブログを紹介いたします。

Castman Hendrix Sound

前回のエントリでO田さんという名で触れていた、Castman Hendrix氏のブログであります。
この方、恐ろしいほどの知識と行動力で、人知れずとんでもないFuzz
作り上げてHPで公開されていらっしゃいました(そのサイトは間もなく閉鎖されるとのことなので
あえてここでは紹介いたしません。そこで公開されていたノウハウはブログでおいおい触れて
頂けるでしょう!)。

ちょうどFuzz熱が高まっていた僕はそのサイトを見つけ、
自作Fuzzのサウンドにノックアウトされてから、色々とお世話になっております。
特に、AC128NKT275といった有名所のトランジスタに頼らないで、これだけ
良い音のFuzzが作れるのかあ、という点に非常に驚きました。

その映像はこちら。


僕が見た時よりも少しサウンドが圧縮された感じになっています。
実際にはもっとローが出ているとのことですが、それでもかなりヘンドリックス!
Fuzz好き、アンプ好き、ギター好きの方にはぜひチェックしていただきたいブログであります。

プリンストン不調⇒解決

2008年09月14日 08:39

プリンストンさんの調子が少々悪くなってきたようです。

火を入れる(=電源オン)と、大体2-3分ほど
ぶすっ、ブスっ、ぼすぼす
とノイズがします。3分ほどで止む場合もありますが、止まらないので
電源を切ることも。過去にもこんな時がありましたが、その時は散発的でした。
今回は少なくとも5日間同じ症状が毎日出続けております。

ということで、そろそろメンテの時期なんでしょうなあ。
購入時にはショップでのメンテを済ませたばかりだったこのアンプですが、
それから約2年が経過しています。ただ、今回の不調は「弾き過ぎ」が原因
ではないでしょうね。その逆です。ううっ、書いてて恥ずかしいぞ。

歪んだ音色でプレイするにはヘッドフォンアンプを使うし、耳コピするにも
ヘッドフォンアンプにつなげる方が便利なんで、最近プリンストンを使う機会は
ほとんどありませんでした。あと、トランジスタのGC405の方が気楽に使える、というのもあり。

真空管アンプはメンテの意味でひと月にいっぺん位は電源をいれてやるべきだ、
というのは聞いたことがありましたが、それって内部の電解コンデンサのための処置
なんだそうです。で、電解コンデンサがダメになると、ブスブスノイズを発するようになるそうな。
参考にしたのはこちら

アンプは中々手間がかかりますねえ。そう言う所にも魅力を感じますが(^^;

image 033

<追記>
修理代をケチりたいわけではありませんが、
自分で交換しちゃおうかしら
なんて思ったりしたもんで検索してみますとありますねえ回路図。。ほんと便利な世の中。
silverfaceじゃあないんですが、blackface期のプリンストンならこちらに。
自分で変えるにしても、感電対策をしっかり調べてから、ですね。

<さらに追記>
ブスブス音を感知してから毎日電源を入れて使用することにしてみました。
4日目までは電源オンからしばらくの間、大体1~3分ほどブスブスノイズが
していましたが、それ以降はおさまり、現在問題なく使えております。
しばらく毎日電源を入れ続けよ、とのアドバイスをくださったO田さんに感謝!

ちなみに電源コンデンサの自力交換、実際にやってみるべく中身を開けてみました。
前述のレイアウト図と比較してみましょう。
princeton_aa964_layout.gif

princeton-inner.jpg

確かに同じレイアウトな感じですね。
開けてみて、僕が自力交換を諦めた事は言うまでもありません(^^;

このアンプ、セミアコで鳴らしてみたいなあ。

素晴らしいMarc Ford

2008年09月13日 16:38

残暑厳しい横浜よりこんばんわ、さとぅです。

スライドスライドしてましたが、久しぶりにファズマスター、Marc Fordの
新映像を探っていて悶絶しました。



どうでしょう。これ、Fuzzだと勝手に思い込んでいるのですが。。
FuzzとWahの組み合わせって何てすごいんだ・・・!
と聴きながら口ポカでありました。
Youtube上にはこの日のライヴの映像が沢山上がっていますが、どれも非常に良い出来です。
マーク、いい音出すギタリストですなあああ。


"BlueBird St."
これも素晴らしい音色!イントロの凄まじいサステインから歌へのコントラストもたまらんです。


"1000 ways"
マークのソングライティングの滋味を味わえる曲です。


"My Love"
これは別日程の演奏ですが・・・いいんだなあ。。P-90仕様のレスポールがまたカッコいい。

熱しやすく冷めやすいワタクシですが、久しぶりにFuzzに挑戦したくなってきちょります。
Wahも良いのがほしくなってきちゃったなあ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。