--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サニーのスライドレッスン3部作

2008年06月29日 23:30

サニーのスライドセミナーです。
どれも1分もないですが、中々濃い内容です。



ラグタイム風?シンプルに見えて大変難しいです。
親指と他の指が連動しない・・・



第2部。素晴らしいアイディア技。
この映像を見ていて、サニーの真似には空間系エフェクトが重要だ
と気付きました。



第3部。見た目のインパクトが中々大きいですが、
ミュートの仕方、及びピッキングする位置での音色の変化に
学ぶところが大きいですね。
スポンサーサイト

ルイジアナの巨人

2008年06月27日 23:22

たまらんたまらんたまらんぜ~

こんばんは、すっかりご無沙汰さとぅです。
Fuzz作るつもりで張り切ってたはずなんですが・・・
もっぱらオープンチューニングでスライディングしております。

これというのもMr.Sonny Landrethのせいっす。



もう、何このカッコよさ。

曲が面白いですね。切ない感じも受けるし、溌剌!って感じもある。
メジャー、マイナーって割り切れない雰囲気を感じる曲です。これは、たぶんオープンEかな。



名曲Native Stepson。これもオープンEかな?まだコピーしてないですが。



今気になっているのは、この曲でサニーが弾いてるストラトです。
最新作で抱えているストラトだと思われますが、ボディ材はアッシュ?アルダー?
どちらだろう。この映像で見るとアルダーっぽい気もしますね。

今は010~の普通のゲージで弾いてますが、
早いとこ013~のゲージを張ってみたいと思います。

LovePedalのファズ

2008年06月05日 00:54

Lovepedalって、個人的には1ノブで素晴らしい歪みとコントローラビリティを誇っていた
COTのイメージが強かったんですが、ここの出してるFuzzも素晴らしいです。

特にエリック・ジョンソンのサウンドを形容に使っている最近のモデル
200lbs of tone
が良い!クリーン、クランチ、リードと自由自在!

サウンドが素晴らしいのに加えて、このブランドについては代理店の国内価格設定が
かなり良心的になっているのも好印象です。直販で189ドル、国内売価が22000‐3000円。
輸入代理店は軒並み手数料をボってる、という印象が強いために、これは印象的。

200b4.jpg


ほ、ほすぃ。。ここのPurple Plexi 800っていうモデルも素晴らしいんだなあ。
このPlexiペダルはアンプを選びません!というのが売りらしいが、
こればかりはにわかには信じがたいんですが(^^;

フルチューブとトランジスタの比較企画

2008年06月01日 17:51

いやー更新が滞っております。

さて、Fuzz制作に乗り出したい所ですが今日は別のテーマで。
以前から記録しようとは思っていた
チューブアンプとトランジスタアンプの違い
が今回のネタです。

比較するのはRolandのGC405とFender Princeton。
前者はネット上での評判の良さから、実際に試してみて購入したアンプですが、
実際音はかなりイイなあ、と思います。僕が関心を持つにいたったサイトはこちら
2チャンネル制で、1ボリューム仕様のクリーンチャンネルと、2ボリューム仕様のドライヴチャンネル
が用意されています。どちらも良い感じです。先の紹介サイトではクリーンチャンネルのフルテンサウンド
を褒めていらっしゃいますが、自分はこれは試せていません。さすがにフルテンは音量的に厳しいです。
ヤフオクでプリンストンを買うまでは、こいつが家弾きのメインでした。気楽に扱えるんで、
今でも良く使っています。

GC.jpg


もう一つのプリンストンについては、昔作った紹介ページをよろしければご覧ください。
中々手放しがたいアンプです。

prince1.jpg


前置きが長くなりました。
それぞれシングルノートとコード弾きを、ノーマルな3シングル仕様のストラト(フジゲン製)で弾いています。
コード:F→F+M→M→M+R→R の順番
シングル:Eのブルースの進行で2コーラス

シングルの大変危なっかしいリズム感はご容赦下さいorz
サウンドファイルを貼り付ける手法がまだわからないので、ヤフーのブリーフケース
にアップしました。お時間のある方、よろしければ聴いてみて下さい。

GC405のセッティングは、クリーンチャンネルで
Vol:4, Bass:6, middlle:5 treble:8, presence:8
Princetonはチャンネル1で
Vol:4, treble:8, bass:3 です。

感想として、GC405のTubeLogicはかなり良い線いっていると思います。
あえてファイル名からアンプが特定できない形にしているので、クイズ感覚で聴き比べて頂ければ
と思います。しかし、それ以上に思うのは
録音したデータは実際の音の雰囲気をあまり捉えられていない
という事です。携帯MP3プレーヤーに外部マイクをつけての録音なので、
そんなにいい音でとれるはずもないのですが、GCにしろプリンストンにしろ、
エアー感というか立体感が相当失われてしまっています。

ということで、少し録音にも興味が出てきたさとぅでした。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。