--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビリー・ギボンズのエスクワイア

2008年04月21日 01:07

かんばんわ、さとぅです。
マーク・フォードの影響でFuzz熱に火がついて2週間弱、
Fuzz作りに取り組んでいますが、ことごとく失敗しておりますorz

それはさておき、某mixiでZZTopの話になり、
そういえばビリー・ギボンズの音は太くてブギーって感じ
で素晴らしいよなあ、と久しぶりに思い出したのでした。

最初に見たのは1995年前後のモントルー・ジャズフェスティバルで、曲名は
覚えてないんですが、何やら打ち込みっぽいリズムにのせてギボンズさんが
ブギーっと弾いたその和音の太いこと。あれ凄かったなあ。

ちなみにそのギボンズ氏、実は一番のお気に入りはオールドのEsquireである
という噂があります(出典不明)。まあ、テレの良いやつはレスポールみたいな音がする、
てのは今昔言われ続けているわけですが。Youtubeを探したら、Esquireを弾いているギボンズ氏
が出てきました。



(最初の5分位はスピーチです)彼が弾いているのはテキサス・フラッド!
すっかりSRVのイメージがある曲なんで、新鮮です。このEsquireはレリックものでしょうが、
かなりいい音ですね。特に、ボリューム操作で歪み量をコントロールしている様が
しっかり見れて感激ものです。NAMMショーのFenderブースでの演奏なので、アンプもFenderなのかな。
ホワイトバインディングのブラックカラーというのも良いなあ~!
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。