--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FUZZ事始め

2008年04月12日 18:49

マーク・フォードのサウンドのせいで、
FUZZが気になってしょうがないさとぅですこんばんぺ。

JAKEさんが紹介してくれた、Squierを鳴らしきるカナダのおっちゃん
ですが、彼がレビューしているDAS FUZZというのも非常に良さそうです。

本当はzendriveを作りなおすつもりでいましたが、
うーんFUZZを鳴らしてみたい。FUZZミー。

ということでFUZZ作る事にします。FUZZのカテゴリも作りましょー。
最初は『誰でも作れるギター・エフェクター』で紹介されているJH-FUZZで。
マッチングの問題を考えて、BC109Bというシリコントランジスタを10個、そんで、
ゲルマニュームトランジスタも一応2個(AC128代替品というヤツ)をギャレットオーディオさんに
注文。どちらもNPNです。

本当はFuzzCentralが紹介しているAxisFaceSiliconに興味津津なんですが、
指定のトランジスタが日本じゃ手に入らないので、ひとまず留保。

ただね、市販品でも全然いいじゃない、とも思うんですよな。
前述のDAS FUZZなんて160ドル位
アナログマンのSun Faceは235ドル。
KeeleyのFuzz Head(これも中々良い!)はヤフオクに22000ペソ位で出てます。
セイモア・ダンカンの出したTweak FuzzってのもシリコンFUZZながら、アイディア商品
らしいです。

ところでゲルマニュームダイオードですが、ebayには結構ありますね。
NKT275もそこそこ数が。NKT275は日本とあまり相場変わらなさそうですが、
マッチングのとれたAC128というのもあって、これは日本で買うより安そうです。
ただ、ドイツからの出品で、説明もドイツ語オンリーだったりすると、お手上げっす。

IMAG000A.jpg
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。