--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

zendrive(もどき)完成!

2007年10月31日 09:03

まったく唐突ながら、zendrive完成させました!
zen-completed.jpg

ほんとうはもっと段階を踏んで報告していくつもりだったんですが。。
実際作ってみますと中々面倒くさい!ブログで細かく過程を紹介して下さっている
方々は偉い&大感謝です。ほんとに。

ここに至る前に、再度塗装をやり直しましたが、今回も気泡にやられました。
コツとしては、とにかく薄く塗る、しかないようです(現状の理解)。

出音の印象ですが、正直、不満があります(^^;
もちろん歪みの質感、何よりブラッシング時の音圧感(こういうのをコンプ感っていうの?)
は非常によろしい。ロベンっぽいな!と確かに感じるニュアンスがあります。
でもなんでしょうね、全体的にハイがない。
あるいはローによっているというか。モコるって程でもないし、コモるってほどでもないのだけど
テレキャス使ってるのに「ハイが足りないなあ~」と感じるほど、ハイ不足です。

この個体は、もういじる気力が残ってないのですが、今後改めて試行錯誤してみます。
テーマは「もっとハイを出すにはどうすれば良いか?」
ということで。

今後との比較のために、使ったパーツをメモしておきます。
線材:BELDEN8503(22awg撚り線)
抵抗:金属被膜
電解コンデンサ:高くないヤツ
フィルムコンデンサ:AVX(マイラ?も使いました)
ダイオード:1N34A
オペアンプ:普通のMC1458(100円)
トランジスタ:2N7000
基盤


それにしても、今回も不備がめっちゃありました。
まず、やはり一発目では音出ず!この瞬間は相当やる気なくなりますね。。
初めての自作はここで放棄した記憶あり(タッキーパーツのキットでした)。
今回は粘り、しつこく基盤を眺めたら
3箇所も接続してない部分を発見orz
このzendriveは比較的シンプルなレイアウトだと思いますが、それでこれだからなー。

あと、MXRサイズケースへの組み込みは骨が折れる!
このサイズは大好きなんですが・・・ブログを見ていると上手な方が多いです。
全てのノウハウを忘れる前に、次をつくるべきなんでしょうなー。

まとめ!
今回特にお世話になったブログを下記に記します。多謝!
真夜中は不潔 
今回の製作は、こちらのブログの、zendriveのページのレイアウト図に完全に依拠しています。
まだ自分は回路図からレイアウトを考えられるレベルにはないので無茶苦茶助かりました。
それと・・・エフェクターの外装が素晴らしい!まねしたい・・・けどガッツが持たないだろうなあー。

GATY's Blog
こちらは塗装方法、特に自宅で出来る焼付け塗装のノウハウについて、とても参考に
なりました。今回僕は途中で塗装への拘りを放棄してしまいましたが・・・(^^;
そうだ、塗装と言えば、今回擬似バインディングを作るために
白⇒焼き⇒マスキングして赤⇒焼き
とやったのですが、マスキングテープを剥がす時にどうしても塗装が劣化しました。
塗装膜に優しいマスキングテープ探しも課題であります。

他に、自作されている方のブログを無数に拝見して参考にしています。
サウンドの印象は、実際は大きな音で確認すべきでしょうから、最終見解はまだまだ保留しておきます。
用意したノブがポットの径に合わなかったり、書いたツマミの記号がノブに隠れたり、と
しまりの無い作品になりましたが、ひとまず完成!!

<追記>
夜になりまして、再度いじってみました。
今回の変更はC4の数値変更。高域よりになる、という事で0.001ufに。
んー。んー。んー。
あまり違いが分からん(^ヮ^;

しばし、ツマミを回し回し演奏。。
トーンつまみが機能していない事実判明!
これじゃあ、C4の変更が反映されなくて当然、か?
ともあれ、次の改良はトーン部の配線・ハンダチェックとなる予定。

それと、このペダル、中々ノイジーであります。許容範囲内だけども。
ゲインを上げるとぶぉーん。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。